冷凍コオロギ足取り加工済 各種サイズ(イエコオロギ・クロコオロギ・フタホシコオロギ)の通販

85289328
    商品番号:85289328

    冷凍コオロギ足取り加工済 各種サイズ(イエコオロギ・クロコオロギ・フタホシコオロギ)の通販

    【15~20mm】冷凍イエコオロギ50g(約170匹)
    在庫状態:在庫有り
    830円 (税込)
    数量
    【15~20mm】冷凍イエコオロギ100g(約340匹)
    在庫状態:在庫有り
    1,080円 (税込)
    数量
    【15~20mm】冷凍イエコオロギ300g(約1000匹)
    在庫状態:在庫有り
    2,980円 (税込)
    数量
    【15~20mm】冷凍イエコオロギ500g(約1700匹)
    在庫状態:在庫有り
    4,980円 (税込)
    数量
    【15~20mm】冷凍イエコオロギ1kg(約3400匹)
    在庫状態:在庫有り
    8,380円 (税込)
    数量
    【9~12mm】冷凍イエコオロギ20g(約270匹)
    在庫状態:在庫有り
    830円 (税込)
    数量
    【9~12mm】冷凍イエコオロギ40g(約540匹)
    在庫状態:在庫有り
    1,280円 (税込)
    数量
    【17~21mm】冷凍フタホシコオロギ50g(約100匹)
    在庫状態:在庫有り
    830円 (税込)
    数量
    【17~21mm】冷凍フタホシコオロギ100g(約200匹)
    在庫状態:在庫有り
    1,080円 (税込)
    数量
    【17~21mm】冷凍フタホシコオロギ300g(約600匹)
    在庫状態:在庫有り
    2,980円 (税込)
    数量
    【17~21mm】冷凍フタホシコオロギ500g(約1000匹)
    在庫状態:在庫有り
    4,980円 (税込)
    数量
    【17~21mm】冷凍フタホシコオロギ1kg(約2000匹)
    在庫状態:在庫有り
    8,380円 (税込)
    数量
    【9~12mm】冷凍フタホシコオロギ20g(約270匹)
    在庫状態:在庫有り
    830円 (税込)
    数量
    【9~12mm】冷凍フタホシコオロギ40g(約540匹)
    在庫状態:在庫有り
    1,280円 (税込)
    数量
    【24~29mm】冷凍クロコオロギ50g(約50匹)
    在庫状態:在庫有り
    830円 (税込)
    数量
    【24~29mm】冷凍クロコオロギ100g(約100匹)
    在庫状態:在庫有り
    1,080円 (税込)
    数量
    【24~29mm】冷凍クロコオロギ300g(約300匹)
    在庫状態:在庫有り
    2,980円 (税込)
    数量
    【24~29mm】冷凍クロコオロギ500g(約500匹)
    在庫状態:売り切れ
    4,980円 (税込)
    【24~29mm】冷凍クロコオロギ1kg(約1000匹)
    在庫状態:売り切れ
    8,380円 (税込)
    【9~12mm】冷凍クロコオロギ20g(約270匹)
    在庫状態:在庫有り
    830円 (税込)
    数量
    【9~12mm】冷凍クロコオロギ40g(約540匹)
    在庫状態:在庫有り
    1,280円 (税込)
    数量

    こちらの商品はクール便での発送となります。5,000円以上は送料無料となりますが、クール便以外の商品を同時に購入されますと、別途送料がかかりますのでご注意下さい。

    当店が販売する冷凍コオロギの特徴

    冷凍コオロギ

    当店の冷凍コオロギは一級愛玩動物飼養管理士が飼育管理したもののみを販売しております。管理士だからこそできる環境作りと独自の飼育方法で、家族の健康面や安全面に配慮したコオロギとなっております。

    新鮮で最高の状態でお届けしておりますので、是非この機会に当店の冷凍コオロギをお試しくださいませ。

    商品詳細

    • 内容:冷凍コオロギ
    • サイズのばらつきはありませんのでご安心下さい。
    • 性別指定のご注文はできません。

    冷凍コオロギとは

    冷凍コオロギは、特に爬虫類や両生類、鳥類などの餌として利用されるためにコオロギを冷凍保存したものを指します。当店で販売されている冷凍コオロギは、衛生的に管理された場所で飼育・処理されているので、安全性が確保されています。

    コオロギの種類と特徴

    動物の餌として使われているコオロギは、主に以下の3種類が一般的です。

    イエコオロギ

    イエコオロギは、ヨーロッパ南部原産の黄金色のコオロギで、略して「イエコ」とも呼ばれています。成虫でも約20mm前後という小ぶりな体格が特徴です。栄養価が豊富で、高タンパクかつバランスの取れた成分を含み、生き物の主食として与えることができます。そして、活発な跳躍が動物の食欲を刺激します。

    クロコオロギ

    クロコオロギは、フタホシコオロギを選別交配して作られた品種で、体は黒く、大きさは通常のコオロギよりも大きいです。特徴的な点として、「動きが鈍い」「羽根が遅く生える」「頭が大きい」ということが挙げられます。高い栄養価で、脂質が若干多めながらも成虫になる前は羽根が生えないため、消化に適しています。動きが遅いため、生物の捕食が容易です。

    フタホシコオロギ

    フタホシコオロギは、熱帯や亜熱帯地域に生息し、日本では沖縄周辺で見られるコオロギの一種です。成虫は左右の羽根の付け根に黄白色の斑紋を持ち、サイズは約25mmで、イエコオロギよりも大きめです。1年中繁殖し、繁殖力が強いため、動物の餌として広く人気があります。適度な食べ応えとバランスの良い栄養価が特徴で、動きがスローなため捕食が容易にできます。

    コオロギの選び方

    自分の飼っている生き物にどの冷凍コオロギを食べさせたら良いか迷ったら、以下の基準で決めると良いですよ。

    生き物の種類とサイズ

    小型の爬虫類や両生類には小ぶりなイエコオロギが適しています。
    大型の動物には、より大きなクロコオロギやフタホシコオロギが選択肢になります。
    また、色が違うため食いつきにも違いがあります。食いつきが悪い場合は、違う種類のコオロギを試してみてください。

    栄養価よりも動物の好み

    冷凍イエコオロギ、冷凍クロコオロギ、冷凍フタホシコオロギの3種類のコオロギの栄養価は、若干の違いはあるものの、そこまで大きく変わりません。冷凍コオロギを選ぶ際には、食いつきや好みを優先すると良いでしょう。

    冷凍コオロギを餌とする動物

    • トカゲ、ヤモリ、ヘビなどの爬虫類
    • カエル、イモリなどの両生類
    • アロワナなどの肉食性魚類
    • フクロウなどの鳥類・猛禽類
    • ハリネズミなどの小動物

    基本的に、生きているコオロギを餌として食べていれば与えても大丈夫です。

    冷凍コオロギを餌とするメリット

    【管理がラク】

    コオロギは馴染みがある昆虫なので、飼育することに抵抗がある方は少ないかもしれません。しかし、餌用コオロギとなると数十匹という単位のコオロギを飼育することになるので、鳴き声の大きさも数十匹分で、住環境によっては夜も眠れない状態になる可能性があります。

    その点、冷凍コオロギであれば、冷凍庫に入れておくだけなのでストックがラクです。鳴くこともありません。また、必要な分だけ冷凍庫から出して使えるので、ロスも少なく済みます。

    冷凍コオロギを餌とするデメリット

    【跳ばない】

    生きているコオロギのメリットとして、ピョンピョン飛び跳ねて動き回ることで生き物を刺激することが挙げられますが、冷凍コオロギにはそれがありません。動く昆虫を追いかけて捕獲するのが好きな生き物には物足りないかもしれません。その場合は、コオロギをピンセットで摘んで動きを出す工夫が必要になることもあります。

    冷凍コオロギの解凍方法

    冷凍コオロギを生き物に与える際には、凍ったまま与えるのではなく、必ず解凍してから与えます

    【湯せん解凍】

    1. ジッパー付きビニール袋に冷凍コオロギを入れます。
    2. 容器に40℃前後のお湯を用意し、その中に冷凍コオロギを入れた袋を入れます。袋が浮いてしまう場合は、上に重しになるものを置いて、お湯の中に沈めます。
    3. 5~10分程度で解凍できます。コオロギを指で触ってみて、冷たいところがないか確認してから与えます。

    ※コオロギを直接お湯に入れてしまうと、栄養や生き物が好む「ニオイ」がお湯に流れ出てしまいます。また、コオロギが濡れてしまうと動物が嫌がることもあるので、湯せんで解凍する際には、必ず袋に入れてください。

    【自然解凍】

    お皿などに必要な分の冷凍コオロギを出し、自然に解凍されるのを待ちます。解凍されているかどうかは、コオロギを指で触ってみて、固いところや冷たいところがないかを確認して判断します。
    また、長時間常温環境に放置すると腐敗が進んでしまうので、くれぐれも忘れないようにしましょう。

    【パネルヒーター】

    キッチンペーパーなどに必要な分の冷凍コオロギを出し、パネルヒーターの上に広げます。パネルヒーターの表面温度が高すぎると、コオロギの表面だけが解凍されて中心は凍ったまま…ということがあるので、「ジワジワと温めて解凍させる」ということをイメージして、様子を見ながら温度を調節するか、ヒーターから少し離して解凍しましょう。

    【電子レンジ】

    一番手っ取り早く解凍できそうな電子レンジですが、時間の調整をするのが難しく、失敗すると破裂してしまうこともあります。そして、強いニオイが発生します。庫内にニオイが残る上に解凍ムラもでき、品質も落ちる可能性があるので、あまりおすすめできない方法です。

    冷凍コオロギの与え方

    まず生き物に与える前に、本当にしっかりと解凍できているか確認をします。指で触ってみて冷たいところが無いかどうか確認してください。コオロギを触ることに抵抗がある場合は、サーモガンで温度を確認しましょう。

    コオロギの解凍ができたら、キッチンペーパーなどで表面の水気をふき取り、ダスティングをします。
    与える際には、コオロギをピンセットで摘んで生き物の口元に運びます。食いつかないようなら、フルフルと小刻みに振ると良いかもしれません。

    解凍したコオロギが残ってしまった場合は、鮮度が落ちてしまうため再冷凍はせずに処分しましょう。

    冷凍コオロギの保存方法

    冷凍コオロギを購入したら、密閉容器やジッパー付きビニール袋などに入れて密閉します。これにより冷凍庫の中で空気との触れ合いを最小限に抑えて酸化を防ぎ、新鮮な状態を維持します。そしてできるだけコオロギ同士がくっつかないようするとなお良いです。

    生き物の餌とはいえ、冷凍コオロギを普段使っている冷蔵庫の冷凍室に入れることに抵抗がある人は少なくありません。冷凍コオロギを購入する前に家族に相談して、必要であれば別途冷凍ストッカーなどを準備しておくと安心ですよ。

    お問い合わせ

    わからないことがあればお気軽にご相談下さい。
    お問い合わせはこちら