ヒキガエルの通販:L・M・S各種サイズの販売

k0211h001
k0211h001
k0211h001
k0211h001
    商品番号:k0211h001

    ニホンヒキガエル/アズマヒキガエル/ミヤコヒキガエル

    ミヤコヒキガエルS 5cm以下
    在庫状態:入荷待ち
    1,580円 (税込)
    ミヤコヒキガエルM 5-7cm
    在庫状態:入荷待ち
    2,080円 (税込)
    ミヤコヒキガエルL 7-10cm
    在庫状態:入荷待ち
    2,780円 (税込)
    アズマヒキガエルS 7-9cm
    在庫状態:入荷待ち
    1,580円 (税込)
    アズマヒキガエルM 9-11cm
    在庫状態:入荷待ち
    2,080円 (税込)
    アズマヒキガエルL 11-13cm
    在庫状態:入荷待ち
    2,780円 (税込)
    ニホンヒキガエルS 7-9cm
    在庫状態:入荷待ち
    1,580円 (税込)
    ニホンヒキガエルM 9-11cm
    在庫状態:入荷待ち
    2,080円 (税込)
    ニホンヒキガエルL 11-13cm
    在庫状態:入荷待ち
    2,780円 (税込)

    当店が販売するヒキガエルの特徴

    当店で取り扱っているヒキガエルは一級愛玩動物飼養管理士が丁寧に育てあげた元気いっぱいのヒキガエルです。7cmサイズから特大の11cm超サイズまでご用意しております。生体や商品について、ご不明な点などございましたら、お気軽にお問い合わせくださいませ。

    お問い合わせはこちら

    商品詳細

    • 内容:ヒキガエル生体
    • サイズのばらつきはありませんのでご安心下さい。
    • オスメス指定でのご注文はできません。
    • 5,000円以上のお買い上げで送料無料です。※北海道・沖縄・九州(冬期のみ)・離島除く
    • ご注文後、配送希望日の指定がなければ3営業日以内の発送となります。
    • アズマ・ニホンヒキガエル各サイズ
      Sサイズ7~9cm
      Mサイズ9~11cm
      Lサイズ11cm以上
    • ミヤコヒキガエル各サイズ
      Sサイズ~5cm
      Mサイズ5~7cm
      Lサイズ7~10cm

    お支払い方法

    クレジットカード払い

    VISA・master・JCB・AMEX・Diners Clubがご利用いただけます。

    代引き(後払い)

    別途代引き手数料330円がかかります。

    銀行振り込み(先払い)

    ご注文後1週間以内のお振り込みをお願いします。お振り込みが確認できない場合はキャンセル扱いとなります。また、振り込み手数料はお客様ご負担でお願いします。

    保証・返品・キャンセルについて

    返品

    取り扱っている商品の特性上、返品を承ることができません。予めご了承下さい。

    キャンセル

    商品発送前であれば、キャンセルが可能です。銀行振り込みでのお支払いは、注文後7日以内に入金が確認できませんと、自動的にキャンセル扱いになります。キャンセルのご連絡はこちらまでお問い合わせ下さい。

    保障

    死着だった場合は、交換もしくは返金させて頂きますので、お手数ではございますがご連絡下さい。※商品到着当日のみ有効

    送料

    こちらの商品は80cmサイズで発送します。

    北海道1,337円
    青森県 930円
    岩手県 930円
    宮城県 930円
    秋田県 930円
    山形県 930円
    福島県 930円
    茨城県 930円
    栃木県 930円
    群馬県 930円
    埼玉県 930円
    千葉県 930円
    東京都 930円
    神奈川県 930円
    新潟県 930円
    富山県 930円
    石川県 930円
    福井県 930円
    山梨県 930円
    長野県 930円
    岐阜県 930円
    静岡県 930円
    愛知県 930円
    三重県 930円
    滋賀県 1,024円
    京都府 1,024円
    大阪府 1,024円
    兵庫県 1,024円
    奈良県 1,024円
    和歌山県1,024円
    鳥取県 1,128円
    島根県 1,128円
    岡山県 1,128円
    広島県 1,128円
    山口県 1,128円
    徳島県 1,128円
    香川県 1,128円
    愛媛県 1,128円
    高知県 1,128円
    福岡県1,337円
    佐賀県 1,337円
    長崎県 1,337円
    熊本県 1,337円
    大分県 1,337円
    宮崎県 1,337円
    鹿児島県1,337円
    沖縄県1,433円

    ヒキガエルとは?どんな生き物?

    ヒキガエルとは、ヒキガエル科のカエルの総称です。「ガマ」「ガマガエル」「イボ」「イボガエル」などとも呼ばれています。

    一般的にヒキガエルは大型で、体長は10~15cmほど、四肢が短く、ズッシリとした体つきをしています。カエルなのにピョンピョンと跳ねずに、のそのそと歩いて移動するのが特徴です。エサを捕る時も、アマガエルのように獲物に飛びつくのではなく、舌を伸ばして捕ることがほとんどです。

    カエルというと、水の中をスイスイ泳ぐイメージがあるかもしれませんが、ヒキガエルは陸生なので、繁殖期以外は水に入って泳ぐことはほとんどありません。

    敵に遭遇すると、後頭部にある耳腺や体中にあるイボから毒を出して身を守ります。このため、素手で触ってしまった場合は必ず手をよく洗いましょう。

    ヒキガエルの種類

    ヒキガエルは、オーストラリア区と南極大陸を除く世界中に分布していて、日本には5種類のヒキガエルが生息しています。

    ニホンヒキガエル

    西日本を中心に生息するヒキガエルです。近年、東京、仙台、金沢などの都市部でも生息が確認されています。これにより東京では、西日本亜種のニホンヒキガエルと東日本亜種のアズマヒキガエルと交雑が進んでいると言われています。体色は赤褐色、茶褐色黄褐色などで、白や黒などの帯状の模様が入っている個体もいます。
    山林や草むら、公園や民家の庭などに生息していますが、夜行性のため、昼間は石の下や物陰などに隠れています。

    アズマヒキガエル

    北海道以外の東日本に生息しているヒキガエルです。
    日本に生息しているカエルの中では大型に区分されるカエルで、大きい個体では18cmぐらいにまで成長するものもいます。「ガマガエル」とも呼ばれていて、人によってはこちらの呼び方の方が馴染みがあるかもしれません。見た目はニホンヒキガエルとよく似ていますが、アズマヒキガエルの方が鼓膜が大きいという特徴があります。
    ニホンンヒキガエルと同様に、人間の生活圏と近いところに生息しています。

    ナガレヒキガエル

    北陸地方から紀伊半島にかけて、ちょうどアズマヒキガエルとニホンヒキガエルの生息域の境目に生息しているヒキガエルです。人家があるような場所には生息せずに、基本的には山の中にある渓流周辺などに生息しています。

    ミヤコヒキガエル

    宮古島諸島のみに生息しているヒキガエルです。大きさは日本の本土に生息しているヒキガエルよりも小型ですが、四肢が短いのでずんぐりとした印象が強いです。

    オオヒキガエル(特定外来生物)

    アメリカ合衆国南部から、中米、南米北部にかけて、広く分布しているヒキガエルで、日本では、小笠原諸島、大東諸島、先島諸島に生息しています。体は大型で、体長約24cmの個体も確認されました。昆虫だけではなく、ヘビやネズミなども捕食し、更に毒性が強いため、生態系への影響が懸念されています。

    ヒキガエルの飼育方法

    ヒキガエルは体が丈夫で動きも遅いので、初心者でも扱いやすい生き物です。人に慣れると

    【用意するもの】

    蓋つきの飼育容器

    あまり活動的な生き物ではありませんが、大きくなる個体は15cmを若干超えることもあるので、最低でも30cm水槽以上の大きさの飼育容器を準備します。
    跳ねることはほとんどありませんが、脱走防止のための蓋は必要です。通気性を確保するために網状の蓋を使用します。ヒキガエルは力が強いため、ケージに蓋を乗せただけだと簡単に持ち上げてしまうことがあるので、十分な重さのある重しを乗せることを忘れずに。

    床材

    黒土やヤシガラ土のような保湿性が高い床材を用意します。土に潜ったりするので、深めに敷いてあげましょう。

    水入れ

    ヒキガエルは水中を泳いで生活するカエルではないので、大きい水入れは必要ありませんが、体の皮膚から水分を補給するので、体がスッポリ入るサイズの水入れが必要です。ただし、深さがあると自力で出ることができなくなってしまうので、浅めのものを用意します。

    隠れ家

    隠れる習性があるので、隠れ家は必須です。体全体がしっかりと隠れるサイズの隠れ家を作ってあげてください。

    エサ

    ヒキガエルは昆虫や小動物を食べる生き物です。生きたコオロギ、ダンゴムシ、ミルワーム、ミミズなどを好んで食べます。生きたエサを用意するのが難しい場合は、冷凍のコオロギ、ヒヨコ、マウス、缶入りのコオロギ、ミルワームなどがオススメです。

    【飼育方法】

    ヒキガエルは湿度がある環境を好みますが、他のカエルと比較すると乾燥に強いカエルなので、湿度の管理はそこまで神経質になる必要はありません。床材は乾燥しすぎない程度に湿らせて、水入れの水は常に清潔な状態を保ちましょう。

    エサは3日に1回程度与えます。1回の量はコオロギ10匹ぐらいです。

    基本的には生きたエサを食べますが、動きが鈍いため、あまりにも元気が良い昆虫だとなかなか捕食することができません。生きた昆虫を与える場合は、ピンセットで摘んで口元へ運んであげるか、餌昆虫の足を折るなどの処置をしてからケージ内に放ちます。
    冷凍や缶詰の昆虫などを与える際には、ピンセットで摘んで細かく動かして食べさせます。

    また、オタマジャクシから変態したばかりの子ガエルには、毎日小さなエサを食べれるだけ食べさせます。そして体が大きくなってきたら、様子を見ながらエサの回数を減らしていきます。

    カエルをはじめとする両生類は皮膚が弱く、飼育環境をキレイにしておかないと病気になってしまいます。エサの食べ残しや糞はこまめに回収し、ケージ内は常に清潔な状態を保つように心がけましょう。